2016年01月09日

呼吸のこと

35歳を超えた頃から、自分の体に向き合って体のメンテナンスに時間をかけるようになって来た。
たるんだ贅肉を落とすためのダイエット、ライザップ(笑)、そして体の柔軟性を高めるための
ストレッチなどなど。少しずつ自分の体の状態を良い方にシフトできている実感がある。
ちょっとした健康マニアになりつつある自分を楽しみながら、いま興味があるのが呼吸だ。
私たちは呼吸と食事をしなければ生きていけない生き物だが、食事については情報も多くて
摂食・健康食、野菜を最初に食べる、総カロリー数、低糖などなど、取り組んでいる人も多いと思う。
一方で呼吸に関しては、食事以上に頻繁に行っているにも関わらず、その質に意識を向けている
人は少ない。ダイキン工業のHPによれば体重50kgの人の場合、1日の呼吸総量は
1回の呼吸量0.5リットル×28,800回=14,400リットル=約20kg。
これは、ごはんにするとなんと約100杯分にもなるとの事。
相当な量を体に取り込んでいる計算だが、なぜか呼吸の質について課題を持っている人は
少ない。かくいう私も最近までは全く無頓着なテーマだった。
たまたま先月、表参道の青山ブックセンターに入った時に「呼吸の本」というタイトルが
目に入って来たので思わず買ってしまった。
いつもの様に印象に残る言葉が多くあったので書き出したいと思う。

*******************************************************************************
・生命は呼吸に支配されている
・健康も病気も夜、つくられる
・困った時、切羽詰まった時、緊急の時、「ひと呼吸をいれる」
・左脳を働かすのをやめる。感覚を使って素直に感じようとする。
・宇宙はスピードが大好き。直観が働いたらすぐに動く。
・自分の感じている「感じ」を大事にして、その「感じ」を保ったまま
 足の裏で吐く(という感じで呼吸する)
・丹田ができるという事は、精神がしなやかで、心が強いということ
・病気はメッセージ。「いままでの考え・行動・生き方をしていると良くないよ」
 というメッセージ。
・許す。与える。「我」を捨てる。
・魂を磨くという事は、何があっても諦めないということ
・魂=心+からだ 気づき=意識+感覚
*******************************************************************************
無理せずマイペースに、取り組んでいこう。
posted by たかしまん at 00:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

変化は徐々に、しかし確実に

Drストレッチというストレッチ専門店に通い始めて1年以上経つ。
立位体前屈でマイナス、全身にギプスをはめて生きていると言っても大袈裟でないほど
カッチカチの身体で34年間生きてきた私ですが、なんと本日!おそらく物心ついてから
初めて背中で手を組む事が出来ました!!長かった…。

「いや普通じゃん?」と思わないで欲しい。

1年半前は20センチという絶望的な距離が右手と左手にあって、
こんなの一生組めないわーと思っていた私。
でも今日、肩まわりを念入りにストレッチしたらその絶望的な距離が0になったんだ。
頑張って続けて来て本当に良かった。

時間はかかるけど、身体は嘘をつかないって本当なんだな。
今日は良い気持ちで眠れそう^^

おやすみなさい。
posted by たかしまん at 02:18 | 東京 🌁 | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

Dr.ストレッチ

2ヶ月前から、知り合いの社長が経営しているDr.ストレッチという店舗に通っている。
もともと身体は固くて、柔軟性など気にもした事は無かったけれど、
肉体疲労を最小限にしたい…と思うようになって行き着いたのが、柔軟な身体を手に入れる
という事だった。トレーナーいわく、身体が固いと日常生活すべての動きに必要以上に
エネルギーを消費するから、燃費も悪いし疲れやすいとの事。
言われてみれば、胡座をくんだりちょっと体勢を変えるだけでも一苦労だったから
自覚症状もある。それに、ジムでのトレーニングやゴルフの際にも、固い身体が効果や上達を
妨げている感覚があったので、ちょっと本格的にやってみようかと思って始めた。
そしたらこのストレッチ、とにかく痛い。つらい。
リラクゼーションとは程遠くて、むしろリハビリに近い感覚。
毎回毎回「うぅっ、うぅっ」という声が洩れる。息もきれる。
それ位、身体をあっちゃこっちゃ捻られるわけなんだが、それゆえに効果てきめん。
開始前は▲16pだった立位体前屈も、今や+5p!
それでも平均以下の水準だと思われるけど、確実に効果が出ていて嬉しい。
なんだか身体も軽いし、心も軽い。身体がほぐれると心もほぐれるなーなんて思ったり
しながら通っているストレッチは、ちょっとした趣味になっていたりして楽しい。
まずは両手がペターン!って床につける瞬間を目指して頑張っていこうと思っています^^
posted by たかしまん at 02:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

ストレスフルな現代にストレッチを!

ストレッチは身体と向き合う時間。

という言葉に触れてから、ストレッチが楽しくなって来た。
小学生の時から、いわゆる柔軟体操が大嫌いで避けていたし、
社会人になって運動する機会が激減してから、体はカッチンコッチンで、
週に1回マッサージでほぐす毎日だった。
でもここ1ヶ月位はマッサージ店に行かず、
寝る前のストレッチが日課として続いている。

というのも、今年の4月にソウルに赴任したのだが、
韓国はみんなゴルフが大好き。週に2〜3回練習に行く人はザラにいるし、
ゴルフの朝練をしてから出社する人さえいる。
私も肩書きは取締役なので、ゴルフをはじめるかな…
と思って挑戦したのだが、全然出来ない!
体が固すぎるから体をひねれないやら、
肩は上がらないやらで、まともなフォームが作れない。
そもそもゴルフを始める資格さえ無いのか俺は…
と思ったりして、ストレッチを始めたのです。

体というのは正直なもので、
最初の一週間位は効果を感じにくかったけれど、
二週目からは、自分でも体がほぐれているのを実感。
やった分だけしっかり柔らかくなっています。
あんなに遠かった足先が、今やすっかり掴めるように。
嬉しいもんです。

それに、体が柔らかくなったら何だか心もほぐれてきて、
穏やかな気持ちになり、丸くなった自分がいる…気がします。
とかいいつつ会社ではイライラMAXだったりしますが、
少なくともストレッチ中は穏やかになれます。

でも考えてみれば、心と体は密接に繋がっているわけで、
ポジティブに生きているときは体調も良いし、
病は気からと言われるのと同じで、ストレッチをすれば
心が穏やかになるのも自然な現象ですね。
(と、少なくとも私は思う)

ストレスが多く心がカッチコッチになりそうな現代だからこそ、
ストレッチが必要なんじゃないだろうか。

それに自分の体と向き合う意識でストレッチすると、
自分の体について意外な発見もあります。

「こんな所に変な毛が生えてる」
「自分の足って結構いい形してるな」
「自分の体型が洋梨みたいだ…」などなど。

まぁ、何の役にも立たない発見ですが、
楽しいもんです。ちょっと癒されます。

生まれてから死ぬまで、ずっと一緒にいるのは誰か?
それは自分自身で、自分の身体です。

向きあって大切にしてあげないとね。
posted by たかしまん at 23:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

相手だけを見る

相手を見ている自分、
相手を考えている自分、
を見るのではない。

ただただ禅的に、相手の事だけを見て、受け入れるのだ。
それはあたかも、相手に愛を持って接するかのように。
見るともなく物事を見るように。

「最初から一緒にいてください」

そう言われてハッとした。

自分であーだこーだ考えている間に、
相手の意識と自分の意識は違ってしまっている。

最初からずっと、相手の意識と一緒にいればいいのだ。
それも毎回ずっと、初めての相手に接するように。
posted by たかしまん at 21:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

タイミングでは無く速さ

相手と相対し、力をぶつけ合う。

この時、下手は筋肉から生じる力を使って相手を受け止めようとしても、全く上手くいかない。筋力で勝っていれば耐え切る事も出来るが、
体制が悪ければそれさえも実現しない。

だが、意識の流れというか、気の流れのようなもの速さを意識して、
相手よりも先にそれをズルッと押し出せば、難なく受け止められる。
今度は完全に動かされる気配がしないものだ。

筋力ではなく、意識・気を押し出す力。
丁寧に、速く。

わかったようでわからないのだが、
だからこそ面白いと思える。これが古武道の魅力なのか。

わくわくする。
posted by たかしまん at 22:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

力の軸

ピタッと接触する。
ひときわ丁寧に接触する。
接触部分を意識ながら、
相手の力の軸・力の速さ・力の方向を感じて
その中に入っていく。

そうすると相手が動く。


はずなんだがこれが本当に難しいんだよなぁ。
posted by たかしまん at 01:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

力の速さを感じる

相手が力を入れる瞬間を感じ、その力の速さを感じる事。
そしてその力の大きさと速さに呼応するように、同等の力を添える。

大きすぎても速過ぎてもいけない。
差が生まれると抵抗が生じてしまうからだ。

相手の存在は自分の鏡。
征服しようとすると、服従を拒む大きな力が生じるのだ。

武道の世界は深く、おもしろい。
posted by たかしまん at 01:25 | 東京 🌁 | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

意識の流れ

押そうと意識すると動かない。
力を注げば注ぐだけ反発が生じる。

だが全体を見るとも無く見て、
流れに身を任せるままに接触した拍子に、
ふと対象物が動く。
力らしきものは注いでいないにも関わらず。

師曰く、

「相手の意識の中に入る」

という事らしい。
そして相手の意識のスピードを感じるのだとも言う。


全然わからない。
だからこそ凄く面白い。
posted by たかしまん at 00:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | からだの事(Body) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。