2010年06月19日

日本人の無常観

10世紀から13世紀に日本に無常観が定着していると言わ「れる。
仏教が教える無常観は、諸行無常という言葉が示すように、
あらゆる存在は生じたり滅んだりするものであり、永遠である事が
できない、という意味である。

あらゆるものは変化し、そのすがたを永遠にとどめる事が出来ない。
愛する人も、いつかは老いさらばえて死んでいく。栄華の限りを尽くした豪邸も、天変地異や戦争の前にはひとたまりもない。
私の生活を支えているものは、全て消滅していく。
いやそればかりか、私自身はもっともはかない存在なのではないか。

こうした日本人の感性、無常観は、
四季の移り変わりの中で育まれたものなのだろう。
posted by たかしまん at 23:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

自己反省

自己反省は、絶対に一人で成されねばならない。
決断を下すのも孤独だが、
反省もまた孤独な行為なのである。

そしてその孤独に打ち克つ強さが、
夢の実現へと繋がっている。


今が踏ん張りどころだ。
posted by たかしまん at 00:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

崇と祟

これらの漢字は漢字変換では同時に出てきますが、
正確には意味が全く違います。

「崇」
読みは、「たか - い」「たっと - ぶ」「スウ」「シュウ」。漢字の六書(注:1)のでは会意と形声によって作られています。意味は、大きく高い山。たかい。たかくする。たっとぶ。あがめる。うやまう。おこす。みたす。あつまる。おわる。
漢字の一部「宗」は漢字として解字をすると、家(ウ冠)の中に神(示)をするさまで、祖先神を祭るミタマヤ(宗廟)の意味。簡単に説明するとおおもとの祖先、また、その祭りを行う一族の長の意味を表わすそうです。その文字「宗」を更に、山冠を付け加えることは、元々の意味に更に上乗せする働きを持つのでしょう。

「祟」
読みは、「たた - る」と「スイ」。漢字の六書の一つ形声によって作られている。意味は、災いを下す。たたり。神仏の下す災い。
神の意を表わす「示」に、外へやる意味の「出」を合わせて、神を追い払い不幸を招く意味を作っているようです。
posted by たかしまん at 00:13 | 東京 ☔ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

笑い方

笑い方にはその人間の品性が出る。
そんな気がした土曜日の午後(^-^)
posted by たかしまん at 21:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行ったり来たり

進んだと思ったらすぐに後退。
停滞が続いたと思えばスーッと進む。

予測できない。
コントロールも出来ない。

気まぐれでマイペース。
だけど信念は持っている。

あぁ、それが愛すべき我等の人生。
posted by たかしまん at 01:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

先進国という幻想

技術は進歩していると人は言う。
新しいテクノロジーがメディアを騒がしている。

先進国。
私達の国は進んでいるのだ。
私達の時代は進んでいるのだ。

本当にそうだろうか?

全てを科学的に分析しなければ物事を判断できない。
細分化を続け辿り着いた境地に広がっていたのは、
1つであり全部なのだという。


滅亡に向かっている私達に出来ること。


繋げたい。

posted by たかしまん at 01:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

心のままに

何が正しいのか。
何が適切か。
何が得で何が損か。

合理的で論理的な判断ばかりで過ごしている。
ビジネスとはそういうもの、と誰もが勝手に思い込んでいる。

本当にそうなのか?

人間の意識は顕在意識が3%で潜在意識が97%だと言う。
たかが3%の意識の判断を突き詰めたところで、
どれだけ有効な判断が出来るだろうか。

心のままに。
感じたままに。

これらの「直感」は、97%の自分からのメッセージだ。


posted by たかしまん at 05:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張る事を決めた日

全ての出来事はその人に必要だから起きている。
時に苦しく、つらい出来事であっても、
必ず肯定的な意図が秘められている。

頭でわかっていても、腹落ちさせるのは難しいものだ。

特にまだ23歳の若い女性には響かないと思っていた。
ショックな出来事があり、仕事に絶望し、抜け殻になって
いた彼女に冒頭の言葉を精一杯伝えた。

でも正直なところ、立ち直るには相当時間がかかると
思っていた。覚悟していた。


そしてこの間の金曜日、彼女は皆の前で宣言した。


「誰が見てもマグレじゃないと言って貰う為に、
 再び頑張る事を決めました。」


強かったよ、私が考えていたよりずっと。
彼女を信じ切れなかった自分の弱さを恥じた。


だけど、泣けた。
グッときた。


良いメンバーに恵まれた私は本当に幸せもんだよ。
ありがとう。





posted by たかしまん at 05:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

知性


「知的な人間とは、常に人に対する誠実さを兼ね備えた人」

というコトバに触れた。

思い通りに行かないとき。
些細な事にいらだったしまう。
語気を荒げてしまう。
不快な表情を顔に出してしまう。


知的な人間からかけ離れた振る舞いをしてしまってたようだ。

改めねばならない。


日々是反省也。



posted by たかしまん at 00:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

台風

少しは早めの大型台風。

そしてスコールのように突然降りしきる雨。


地球がバランスを失っている。
ゆえに気象が乱れているのだ。


石油にしろ石炭にしろ、いわゆる化石燃料だが、それはいわば
地球を構成する重要な一部。人間でいる体液であり、内臓だろう。


それを無尽蔵に奪われ続ければ、
バランスを失うのも当然だ。


地球が苦しんでいる。

posted by たかしまん at 23:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

お台場のガンダム

見に行きました。


デカさは想像通りだったんですが、
意外だったのは別のところ。


「ガンダム、かっこいい。」


実は私ガンダム世代でもないし、
ガンダムに憧れた事もないけれど、
素直に思ってしまいました。


カッコいい、って。


夜のガンダム.jpg

↑コイツなら地球を守ってくれるって、
本能的に感じたものです。


アムロ、行きます!!


どこへ?(笑)

posted by たかしまん at 23:19 | 東京 ☔ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

ワカマツカオリ

彼女のデザインが大好きだ。
いつだってキュートでクールな女の子。

DSCF0549.JPG

見ているだけで愛しい気持ちが2割増し。


その感性が羨ましい。
posted by たかしまん at 00:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

あの日の思い出

ふと昔の写真を整理していたら、
ハッと目に留まった写真があった。

何があるわけではなく、
ただ空を見上げているだけで様になった日々。


あの日見ていた未来を、私達はいま生きている。


秋南崇_学校.jpg

posted by たかしまん at 01:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

月下美人

昨日、一晩しか咲かないという月下美人が三輪も咲いた。

あ、私の家にではなく友人の家にですが。
気のいい友人がその写真を送ってくれたのですが、
その写真がコチラ↓↓↓
月下美人.jpg


透き通るような白さの中に、
儚さと美しさが同居していて、
何とも言えない美を醸し出しています。

写真を貰ったのは昨日。
僅かな命を終え、今は散っているのでしょう。


咲き誇る
浮世は波と
月下美人









posted by たかしまん at 02:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

ココロオドル

心躍る毎日。

素晴らしい日々。

楽しみながら走る。


どれもしっくりくる。

日々をどう感じるかは心次第。

世界はいつでも変えられるのだ。
posted by たかしまん at 01:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

歴史

今週は、両親の実家である福岡で過ごしていました。

昨年からは夏休みとお盆の時期は出来るだけ、
家族全員で福岡に帰るようにしています。

よく行っていた小中学生の時期は、
祖父母達の話をきちんと聞くという意識すらなく、
お小遣いを貰える事が嬉しかったり、虫取りに興じたり。
きちんとしたコミュニケーションなどは皆無であった。

だがここのところ、
祖母の幼い頃の話や戦時中の話など、
戦前・戦後・バブルを全て経験している波乱万丈な
人生の話を聞けるようになった。

栄枯盛衰。

それを地で行く生き方であり、
どんなに災難が降りかかっても、力強く這い上がり、生きてきた。
その生きる力の強さが、ともて眩しかった。


先人の努力の上に、私達の幸せは形作られている。










posted by たかしまん at 16:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

甲武信ヶ岳

先週の土日を使って、部下の父親が経営している山小屋がある
「甲武信ヶ岳」に登って来ました!

登山は大学時代の富士山以来で、
かつて自信があった脚力は今やすっかり力を失い、
高いコレステロールを抱えた体に不安ばかりが募っていました(笑)


男3・女5のパーティーで登ったのですが、
予想以上に苦しかった・・・。
雨に降られ、
砂利に足をとられ、
前日の睡眠不足も相まってフラフラになりました。


ただ、女性陣が愚痴をこぼしながらも必死に登っていた姿に
鼓舞されて、何とか登頂する事が出来ました!全員で。


その後はいい感じの山小屋に宿泊し、
翌日は早朝から朝日を見るために動き出しました。

そこで奇跡が起きました。

雲海の下から朝日が顔を出して間もなく、
綺麗な半円の虹が出現しました!!
しかも2本同時に・・・・


全ての苦労が報われた瞬間でした。

こぶし山頂.JPG


帰り道は天気にも恵まれて、
新緑の囀り、源流が山を下る音を楽しみながら、
快適に下山しました。

千曲川源流.JPG

帰り道の緑.JPG


最高な週末でした^^










posted by たかしまん at 01:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ふと空を見上げたら、
空が本当に近かった。

あぁ夏なんだな、
改めて気づかされた。


朝帰りの帰り道。
それだけで気分がいくらか良くなった。


日々の中に喜びは満ち溢れているんだな。


そういえば、JUJUのSORAという歌も好きだ。
posted by たかしまん at 06:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

自分の才能に目覚めよう!

人間、寝なくても何とかなる。

やらなければならない時は、結局何とかするのだ。


人間の脳は、どんなに活性化していても10%しか使っていないという。


自分の才能を解き放て−−−−−。


って、明らかに言葉の使い道を間違えてますね(苦笑)
posted by たかしまん at 01:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

お茶体験

気温32度。
炎天下。
夏真っ盛り。


そんな真夏日に、今日、ある知人の紹介でお茶を体験しました。


たった一杯のお茶を頂くまでに、
無数のプロセスを踏み、
一見堅苦しい礼儀作法を経る。


思ったのは、その無駄にも感じるやりとりを行う間に、
二人の間にちょっとした関係性が生まれている。
交流が始まっているのだ。


茶室の中では、
敵味方もなく、誰もが等しくお茶を愉しむという。


また1つ、深めたい事が見つかった気がする。



posted by たかしまん at 22:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。