2015年12月24日

やる気がでないのは必ず理由がある

ある日突然、あらゆる事にやる気が持てなくなる事は誰にでもあって、
大抵の場合は1週間とか1ヶ月のんびりしていると回復してくるもの。
私の場合この状態を「ブレーカーが落ちている」と呼んでいるのだが、
今回はかれこれ半年くらいブレーカーが頻繁に落ちていて、落ちていない時間の方が
短いという状況が続いている…。困っているのだけれど、そもそもやる気がある状態に戻りたい
という欲求そのものが失せているので、何とかしようという気にもならない。
だから現実は何も変化もしないし、全てが毎日がつまらないなぁと感じながら漫然と生きている。
そこでちょっと考えて見た。

「なんでこんなにやる気ができないのだろう?」

考えたり本を読んだりして見えてきたのは↓こんなところ。

・仕事において、自分が何のために誰のための頑張っているのかわからなくなった
・自分の頑張りや責任感、貢献は誰にも伝わっていない気がする
・楽しいと思える仕事を任されていない

 →責任が大きくなって、自分のやりたい事よりもやるべき事、やりたくないけれど
  やらなければならない事が増えたのは事実。また、状況や詳細をよく知らない外野が
  ちゃちゃを入れてくる、無節操に批判してくる事にウンザリしているという事もある。
  さらには良かれと思って様々な課題を率先して解決してきた自分のスタンスが、
  「何でもかんでも抱え込みすぎ」とむしろネガティブに捉えられている事が追い打ちとなって、
  やる気を削がれているように思う。とても悲しい。
  ただこの外部環境は当面変えられないと思っているし、暫くはこの悲しさ・虚しさが続くと
  感じているのでちょっとした絶望感すら感じているかもしれない。
  なので現時点の結論としては、そのような人たちと過ごす時間を出来るだけ減らすという事。
  そして、自分で自分の価値を認めるという姿勢をもつ事。
  今のようにやる気を削がれている自分でさえも、価値があると認めてあげる事。

・こだわりや期待が強すぎるので、思い通りにならない事ばかりでイライラしている
 →適度なこだわりや期待を持てるようなバランスを手に入れる。
  「〜に越したことはない」と考える。

・感情を抑圧しすぎている
 →信頼できる相手にグチを言ってもいいじゃん。抑圧が無感情や無気力につながっている。

グチを言ったって、多少ミスしたって納期が遅れたって、
自分自身の価値は揺るがないし、結局「全てはうまくいくようになっている」。

と、ふわっと思いながら向き合っていけばいいのかもな、と少し心が軽くなった。
posted by たかしまん at 22:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。