2015年12月12日

キャリアについて

今年で36歳。現在は某企業の役員を務めているから比較的順調にキャリアを築いている自覚はある。
それでも自分のキャリアや人生について「このままで良いのか?」という思いは常に消えない。
満たされているような、満たされていないような。
この道は果たして幸せに繋がっているのか?という漠然とした不安がある。
したがって定期的に客観的にキャリアを振り返るために、関連本を読むように
している。今回は「30代の決断でなぜ人生は決まるのか?(小倉広)」からの抜粋。
どちらかと言うと、良いキャリアを築くために必要なビジネススキルに
フォーカスした内容だったが、仕事の基本姿勢を見つめ直す良いキッカケにはなった。

***************************************************************************
・根拠の無い自信は強い。自信に根拠は必要ない
・過去は変えられない。だから全て良かった事にしてしまう
・ノーブレス・オブリージュ。高貴なものほど自分に厳しくあるべき
・自分が出来ない事を他人にやらせる事はできない
・「緊急でない重要事項」に時間を割かない限り、永遠にゆとりある理想の毎日は
 やってこない
・自分の価値観に反する行動をとっている時、人はストレスを感じる。
 従ってストレスを感じている行動の裏側に、自分の本心や天命がある。
・行動を変えたければ、実行できる粒にブレークダウンせよ
・心つくしは時間つくし
・パワーバランスを意識する
 -人と人との関係におけるパワーバランスは一定。誰かの力が強ければ誰かのパワーは
  弱まってしまうので、相手のパワーを引き出したければ自分のパワーを減らす努力を。
・プチ自慢、禁止。自分の価値を貶める
・一生のうちだ食べる回数は有限。毎食を最後の晩餐と心得て、うまいものだけを食え
・人は創作欲求を持っている。料理は創作の結晶とも言える
***************************************************************************

モノ作りに憧れて、写真や文章を書くことに時間を使って来たが、
ふと料理をしてみようかという気分になった。
自分で食べたい物を、さらにうまいものを作って、うまいものだけ食べて生きる。
けっこう幸せかもしれない。
posted by たかしまん at 21:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | 読書の後に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。