2015年11月09日

燃え尽き症候群は突然に

年収が増えると同時に責任が増えるのは当たり前のこと。
さらに役職が上がれば現場から遠くなり、全て間接的な営みに変わっていくのも当たり前のこと。
それが経営陣であり、目の前のタスクやプロジェクト単位ではない、会社や事業全体を丸ごと
動かすのがマネジメントというものなのだろう。経営者になるべくビジネスの世界に身を投じて12年。
気がつけば従業員規模1,500名以上の企業で経営陣を任されるポジションになったのだが、
大きな誤算があった。それは、毎日が全然楽しくない…(笑)

(笑)と書いたものの実際は笑えない状況で、幸福度は間違いなく下がり続けている。
そればかりか、何だか力が入らない、情熱が沸かない、モチベーションが続かない、
心が動く機会が減った等など、今までの自分では想像も出来ない状態がしばらく続いている。

最近ふと思い至ってしまったのだが、「これって燃え尽き症候群じゃないか?」という事。
まぁそれは大袈裟で、ちゃんと会社で責任は果たしているしエネルギーが湧く時間もあるので
根本的には大丈夫だと思っているが、少なくとも以前より情熱やモチベーションのマネジメントが
必要になっているのは確かだ。

心がすり減り続けているのだと思う。

ではどうやったら自分の心が喜ぶのか?エネルギーがチャージされるのか?
を考えて見てもさっぱりわからない。そもそも、その様な視点で自分に向き合った事はないのだから
わかるわけもない。唯一、漫画を読んでる時間が癒やしだとはわかっているのだが
最近はそれも飽きて来た。

このままいけばすり減り続けてすり切れて、最終的には無くなってしまいそうなので、
「自分を労る時間」「自分の心が喜ぶ時間」を大切にしていこうと思う。
posted by たかしまん at 23:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。