2015年01月12日

伊藤P

いま、テレビ東京のバラエティが熱い。
「もやもやさまぁーず2」「やりすぎコージー」「ゴットタン」など、
皆さんも帰宅後に思わず観て笑って癒やされた経験があるのではないだろうか。
実は先日、「もやもやさまぁーず2」「やりすぎコージー」のプロデューサー
である伊藤隆行さんとお話する機会があった。非常に男前で、
謙虚で落ち着いて話をされるのに面白いという、もうずるいとしか言い様が無い素敵な方だった。

会社で講演を企画して「テレ東の戦い方」「テレ東らしさ」「成長」等を
キーワードにトークセッションを行ったのだが、華やかなテレビ業界の話とは
思えないほど、泥臭くて人間臭いエピソードが印象的だった。

・企画は100回立てて1回通れば良いくらい
・新しいアイディアは普段の生活の中に落ちている
・プロデューサーとして心がけているのはコミュニケーションの量
・企画の通す為には根回しも必要

などななど。
事業企画部門として働いている私にとっては、
日々の実務に直結するアドバイスが満載のお話だった。

ちなみに伊藤さん、業界では伊藤Pと呼ばれているとの事だが、
「伊藤Pのモヤモヤ仕事術」という書籍を出版されていたり、
「お墓に泊まろう!」という映画を作ったりしている。

それぞれユーモアに溢れていてスッと読めてしまうし
娯楽として面白いのは流石だったが、特に印象に残っているのは以下のフレーズ。

・自分らしさをなくしたら死んだも同然
・自分の中の1%の天才を信じろ
・企画は一言で語れ
・人の上に立つものは媒介者であれ
・自分の中の正論に正直であれ

この言葉に触れるだけで、伊藤さんの情熱が伝わって来ますね。
またお会いしたいなぁと心から思った次第です。

それでは、今日も良い一日を。
posted by たかしまん at 02:54 | 東京 ☁ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。