2014年12月13日

1/fのゆらぎ

電車に乗るとすぐに眠気が襲ってくる…。
前日あんなに寝たのに…という経験は誰にでもあると思う。
これには明確な理由があって、電車のゆれはリラックス効果を誘発する
1/fゆらぎという波長を生み出しているらしい。

1/fゆらぎとは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。
ちょっと抽象的なので別の説明を加えると、 『電気的導体に電流を流すとその
抵抗値が一定ではなく不安定に揺らいでいることが70年ほど前に発見された。
そのパワースペクトルが周波数 f (frequency) に反比例することから “1/f ゆらぎ”
と名付けられた。その発生機構はいまだに分かっていない。』とう事だ。
さらにゆらぎとは、広がりまたは強度を持つ量(エネルギー・密度・電圧など)の空間的または
時間的な平均値からの変動を指す。ザクッと理解すると、あるエネルギーが周波数の高低
によって反比例する現象を、1/fゆらぎを持っているという事かなと思う。
その代表選手は次のとおり。
自然現象としては、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、
蛍の光り方。
歌手で言えば、MISIA、美空ひばり、嵐の大野智、宇多田ヒカル、松任谷由実、徳永英明、吉田美和。
芸能人では森本レオや、ダチョウ倶楽部の肥後克広が森本の声真似をしているときの声も該当すると
言われます(笑)。また、ベートーベンやモーツァルトなどの有名な楽曲(主に交響曲)の振動数の
変化や、優れた絵画、書などの芸術作品にも存在するとか。
そして、人間の心拍数もだ。

という事は、我々は胎内にいる時から母親の鼓動を聞き、
現在も自らの心臓の行動を常に無意識に聞いている。
最も長く聴き続けているリズムが1/fゆらぎなのだ。
それが振動だけではなく、音楽・絵画・様々な自然を通して感じられるという
のは驚きだし、それらを通して、人は無意識に最も原始的な体験である母胎内への
ノスタルジーを味わっているのかもしれない。

たとえば、住んだことも無いのに郷愁と心地よさを感じる田園風景。
実は1/fゆらぎが隠されているのでは!と考えたたが、あえて調べるのを止めた。

本当かどうかはどうでも良くて、
そう思えている事自体が幸せだと思ったのだ。
posted by たかしまん at 22:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。